ジェルネイルを長持ちさせるコツとは


ジェルネイルは、マニキュアと比較してもすぐに固まり長持ちするということで、女性達に人気です。ネイルサロンでもジェルネイルを取り扱っているお店はたくさんあります。しかし、せっかくジェルネイルをするなら少しでも長持ちさせたいものです。ジェルネイルを長持ちさせるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。


家事をするときは注意をする

料理や洗濯、掃除など家事をすると、爪先が汚れてしまったりネイルにダメージを与えてしまいます。しかし、家事を避けることはできませんので、手袋を使用して少しでもネイルを傷つけないように注意しましょう。手袋をする際、1枚だけではなく数枚の手袋を重ねて使用すると、爪へのダメージも防ぐことができるのでおすすめです。

トップコートを定期的に塗る

いくら自分で気をつけていても、家事をしたり指先を使う作業をするとネイルを傷つけてしまいます。そのため、定期的にトップコートを塗るようにすると良いでしょう。だいたい3日に1回ぐらいがベストです。トップコートを塗ることでネイルを守り、艶やかさも出てきます。

乾燥を避ける

指先や爪の乾燥を避けることで、ジェルネイルを長持ちさせることができます。しかし、乾燥が続く冬場やトイレに設置しているハンドドライヤーを使用すると、手先や爪を乾燥しやすくなります。そのため、ハンドクリームで保湿するように心掛けたり、ハンドドライヤーの代わりにハンカチで拭うようにすると良いでしょう。

長時間お湯に浸からない

お風呂や洗顔などでお湯に触れることがありますが、お湯に長く浸かってしまうとジェルネイルが浮いてしまう恐れがあります。髪を洗うときはシャンプーブラシを使用して、入浴の際は手だけは外に出すようにしましょう。


ジェルネイルを楽しまれる際は、以上のことに気をつけてみてください。きっと今まで以上に長持ちするでしょう。とりあえずジェルネイルをするためにネイルサロンをお探しになるなら、東京の麻布十番にある当店にお越しください。当店では、シャイニーコースやプラチナコースなどの基本コースから、フレンチなどのアートをオプションでつけることができます。ペディキュアも対応しており、手足同時だと割引になるキャンペーンも行っております。

スポンサードリンク

麻布十番にあるネイルサロン・ネイルスクール